地球の歩き方トラベル 海外ツアーTOP  >   ヨーロッパ  >  チェコ旅行

チェコ旅行 ガイド情報

14世紀に神聖ローマ帝国の首都として栄えたプラハをはじめ、悠久のときを感じさせる町が多いチェコ。世界遺産の町だけでなく、カルロヴィ・ヴァリなどの温泉保養地や、ビール造りが盛んな町にも足を運びたい。また文化面では人形劇や、アニメーションも最近日本で注目を集めている。

プラハの有名スポットをチェック!


聖ヴィート大聖堂

プラハ観光のハイライトであるプラハ城。その城内で最も高くそびえる聖ヴィート大聖堂は、第2の中庭から第3の中庭へ抜けると目の前に姿を現す。壮大なゴシック様式の姿はカレル4世の時代から増改築が繰り返され、1929年に完成したもの。ステンドグラスから差し込む光が、幻想的な空間を作り出している。入口から左3番目のステンドグラスは、チェコが生んだ偉大な芸術家であるアルフォンス・ムハ(ミュシャ)の作品。



旧王宮

第3の中庭の東側にある旧王宮。入ってすぐのヴラディスラフ・ホールVladislavský salは、長さ62m、幅16m、高さ13mという、当時としては最大級のホール。1493~1503年にかけて造られ、ボヘミア王の選出や即位式などに使われた。花びらのような幾何学模様を描く天井は、ルネッサンス様式とゴシック様式が融合した、世界の建築史に残るもの。ヴラディスラフ・ホールに続くバルコニーから望む、“百塔の町”プラハの景色もすばらしい。



黄金小路

黄金小路とは、プラハ城内の東側にある一画のこと。間口の小さな家が軒を連ね、まるで童話の世界に迷い込んだような雰囲気だ。黄金小路という名は、皇帝ルドルフ2世が錬金術師を住まわせていたという話から付けられたが、実際は衛兵のための住まいだったといわれている。現在はどの家もみやげ物屋となっていて、観光客がそぞろ歩く。なかにはプラハ出身の作家、フランツ・カフカが一時期使用していた家もある。



プラハの眺めや有名な観光スポットをランチとともにお楽しみいただくクルーズやプラハ城などのプラハの見どころを訪れるツアーなど、チェコの現地発着オプショナルツアーをご紹介します!

地球の歩き方 チェコの基本情報


時差
日本より8時間遅れ。つまり、日本が夜の20:00のとき、チェコは昼の12:00。サマータイム時は7時間遅れになる。サマータイム実施期間は、3月最終日曜の深夜2:00~10月最終日曜の深夜2:00。

チップ
【レストラン】高級レストランでサービスに満足したときには、料金の10%程度が一般的。カードで支払った場合は、伝票にチップの額を書く欄があるので、サインをする際に適当な額を書き入れればよい。
【ホテル】ポーターには荷物1個につき10Kc。
【タクシー】何か特別な頼みごとをしたときにのみ渡す。

気候
チェコには日本と同じように四季がある。どの季節も美しく、雪の降りしきる冬が好きだという人もいるが、観光客が一番多いのはやはり夏の6~9月。気温が 30℃以上になっても、日本のように湿気はないのでさわやかだ。日中は暑くサングラスが必要なほどだが、夜になると急に冷えることもあるので、夏といっても長袖の服を準備しておいたほうがいい。また、冬の寒さはかなり厳しいので、しっかりとした防寒着が必要。
雨は降ってもすぐにやんで青空が出ることが多いが傘は持ってたほうが無難。




(東京発) チェコ旅行 ツアー情報を検索する!

出発地

目的地
(必須) (必須)


出発月
期間

予算
並び順

こだわり


フリーワードで検索する!






新着!ヨーロッパ旅行 地球の歩き方トラベルニュース

ニュース一覧

おすすめ旅行特集

特集・キャンペーン一覧



COyY

海外航空券バナー

テーマで選ぶ

人気のテーマ

絶景の南米特集

プチ冒険応援♪女子一人旅

注目の世界遺産

絶対外さない!ハネムーン

世界の海へ!ダイビング

自由気ままに!海外一人旅

子連れの海外旅行

格安!海外ウェディング


旅を楽しむ


海外旅行の準備

国内宿比較 空港付近のホテル!
成田羽田関空中部

海外旅行のクチコミ