地球の歩き方トラベル 海外ツアーTOP  >   格安&お手軽!海外ウェディング  >  ハワイ  >  ローコストで楽しむハワイの過ごし方
格安&お手軽!海外ウェディングtopへ ハワイ 節約婚 in hawaii グアム 節約婚 in  guam

お金をかけずにハワイを楽しむ!

ワイキキ(ハワイ)のローコストで楽しむハワイの過ごし方

地球の歩き方ホームページでホノルル特派員を担当されていたチャーマ佳子さんに在住者ならではの「ワタシ流のハワイ」をおしえてもらいました!テーマは「お金をかけずにハワイを楽しむ」です。


チャーマ佳子(旧)地球の歩き方 ハワイ/ホノルル特派員
旅行、雑貨関連を得意とするハワイ在住フリーライター/エディター。
自身のブログ「まろん流ハワイライフ」では、11歳の娘のこと、グルメ、雑貨などを気ままに綴っています。
趣味はハワイアンキルト、読書、クッキング、お菓子作り、雑貨探し。現在、ナチュラルストアで見つけるお手頃なオーガニックアイテムに夢中。

ロコ気分で散歩(ワイキキ/ダイヤモンドヘッド方面/ホノルル動物園/モンサラットアベニュー)

ワイキキ水族館の手前から振り返ってみたワイキキの全景。ブルーの海とホテルが見えて、いかにもハワイ!

終始ゆっくりペースのハワイも、朝だけは早い。
米本土との時間差もあって、ほとんどの会社は午前8時スタートだし、スーパーの開店時間も7時、8時は当たり前。ま、涼しいうちに仕事をしてしまおうというのが大きな理由だろうけど。

だから、朝食スポットも多く、早朝エクササイズも大人気。
そこで、ハワイに来たらちょっと早起きして、朝の空気を楽しんでみない?

おすすめは、ワイキキからダイヤモンドヘッドまでの散策。
ワイキキのメインストリート、カラカウアアベニューから海沿いに
ダイヤモンドヘッドの方向へ歩くコースは、カパフルアベニューで道が2手に。それぞれ景色の違う散歩が楽しめるのですが、まずは海沿いコース。

カラカウアから海沿いの歩道をそのまま行くと、右手に海、左手に緑豊かなカピオラニパーク。
行き交う人々をよく見ていると、コーヒーを片手に朝の散歩を楽しんでいる人も。
途中のベンチに座って海を眺めながらブレイクタイムなんてお洒落ですよね。

ダイヤモンドヘッドロードの坂の途中にある灯台。米国の記念切手の図柄にもなったランドマーク。

さらに歩くとワイキキ水族館の裏手に差し掛かりますが、ここでちょっと振り返ってみて。
ここからはワイキキの全景が見渡せるので、記念撮影の絶景スポット!

水族館の裏手の先は、ビジターにあまり知られていないカイマナビーチ。
ここは一見、ホテルのプライベートビーチのようですが、れっきとしたパブリックビーチ。
静かで水が澄んでいて、早朝からロコが泳いでいます。

ビーチ沿いの歩道はここで終わるので、カラカウア通りに出て、さらに道沿いに進んでダイヤモンドヘッドロードへ。

坂を登り切ったところにルックアウトと呼ばれる展望スポットが。
ここは、毎年11月~5月ぐらいまではハワイの海にやってくるザトウクジラの群れが沖に見えることでも知られているのです。
青い海の向こうに水平線が見えて、波のいい日は眼下にサーファーたちの姿も。

このコースはここが折り返し地点。
所要時間はワイキキからのんびり歩いて片道約45分。

坂の途中の海側には赤い屋根の灯台もあるので、見つけてみて。
帰りがけにワイキキ水族館に立ち寄ってみるのもいいかも。

ダイヤモンドヘッドの裏側へ抜けるモンサラットアベニューは、住宅地を通るのんびりストリート。

さて、もうひとつのコースは、カパフルアベニューからホノルル動物園前を通りにモンサラットアベニューをダイヤモンドヘッド方向へ歩くコース。

このコースは景色よりもグルメ。
モンサラットアベニュー沿いにボガーツ、コーヒー&ティーリーフといったカフェ、
パイオニアサルーン、ダイヤモンドヘッドグリルといったプレートランチ店が並んでいるので、散歩がてら朝食を。


無料のフラ&ポリネシアンショー、カルチャーレッスンを楽しむ!

毎日開催されているアラモアナセンター・フラショー。
終了後にはステージ下でダンサーと一緒に撮影するチャンスも。

ハワイに来たらフラやハワイアンミュージックを見てみたいですよね。
アクセスが便利でしかも無料で楽しめるエンターテイメントが身近にあるのがハワイのいいところ。

アラモアナセンター・フラショー

ワイキキから車またはザ・バスで約10分の所にあるハワイ最大のショッピングセンター。

有名なラグジュアリーブランドからハワイならではのスペシャリティストアまで約290件が4フロアに並んでいます。
1階中央に各種エンターテイメントが開催されるセンターステージがあり、地元ハワイの高校のバンドやバレエ教室、米本土からのシンフォニーや ダンスグループなど、内容はさまざま。

ここで月~土曜の午後1時から見られるのがフラショー。

フラショーは約20分間ですが、内容は本格的。
シンガー兼MCがステージの幕開けを告げると、まずは古典フラ。
ハワイアンのチャント(詠唱)と打楽器のリズムに合わせ、男女のダンサーが
古典的な衣装をまとい舞台に現れます。
一つひとつの動きで気持ちや状況を表現しているフラ。
古典の踊りは幻想的で厳粛な雰囲気です。

かわってショーの後半は現代フラ。
カラフルな衣装とにこやかな表情のダンサーたちに見ているほうも楽しく なってきます。アップテンポの曲と歌声に合わせてクルクルと動きを変えて素早く踊ったり、スローメロディーにのって流れるように踊る現代フラはとっても華やか。

ショッピングの合間に一休みしながらフラ鑑賞なんていかが?

リズム感溢れるポリネシアレビュー。ライブバンドの演奏と歌声にのせて、ポリネシアの踊りが次々に登場。

ロイヤルハワイアン・センターのポリネシアンショー

ロイヤルハワイアン・センターは、
ワイキキのカラカウア通りに面して3つのビルから成るショッピングスポット。

ここでも毎日様々なエンターテイメントが開催されています。

とくにおすすめなのは、
木・土曜日の午前11時から開催されているポリネシアンショー。
ノースショアにあるポリネシアンカルチャーセンターから
ダンサーが出演するので、これまた本格的。

トンガ、タヒチなどポリネシアの島々の踊りを、
色鮮やかなコスチュームとかけ声とともに躍動的に紹介しています。

このほか、火~金曜午後6時からと土曜日午後7時半からはフラショー、
毎月第1&第3土曜日の午後1時からは、ロイヤルハワイアンバンドの演奏も。

いずれのショーも約1時間で観覧は無料。
会場はB館とC館の間にあるロイヤルグローブという広場。

カメラをお忘れなく!


食事はテイクアウトを活用!プレートランチは味もボリュームもGood

ハワイ滞在中にリーズナブルに食事を済ませたい時におすすめなのが、一皿にご飯、おかず、付け合わせがのったプレートランチ。
テイクアウトが盛んなハワイでは、このプレートランチがロコに大人気。
ワイキキから徒歩圏には創業50年の有名店からサーファーに人気の店など多数あり、それぞれにおすすめメニューがあるので、食べ比べも楽しいですよ。

ハワイの典型的なプレートランチ

BBQビーフ、チキンカツ、マヒマヒのフライがのった、これがハワイのザ・ミックスプレート!

まずは、ハワイの典型的なプレートランチをレインボードライブインで。

1961年創業のこのお店では、アイスクリームスクーパーですくったライス2盛りとマヨネーズたっぷりのマカロニサラダ、これに好きなおかずがのった王道スタイルを。野菜らしいものは下に敷かれた少量のキャベツのみだけれど、おかずとマカロニサラダとライスの絶妙なマッチングはちょっとクセになってしまう味。

初心者向けおかずはマヒマヒのフライやBBQビーフあたりで、もっとロコらしいメニューにトライするなら醤油チキン、ビーフシチューなど。3種類のおかずがのったミックスプレート($7.75)もおすすめ!
場所はカパフル通りとカナイナ通りの交差点そば。ワイキキから徒歩15分ほどです。

レインボードライブイン Rainbow Drive-In

  • アクセス: 3308 Kanaina Ave, Honolulu, HI
  • TEL: (808)737-0177
  • 営業時間: 7:00~21:00
  • 定休日: 年中無休


日本風の味付けのプレートランチ

パイオニアサルーンのモチコチキンはサクッ&もっちりが後をひく。ごはんはヘルシーな雑穀米。

次は、モンサラットアベニューのパイオニアサルーン。ハンバーグ、唐揚げ、味噌サーモンなど、日本風の味付けのプレートランチです。

私もよく利用するのですが、餅粉をまぶして揚げたハワイならではのモチコチキン$8は娘の定番、私はほんのり味噌味のサーモンかリブアイステーキを選ぶことが多いです。
リブアイステーキは街のステーキ専門店に負けないボリュームと味で$12と、とってもおトク。ガッツリ食べたい時におすすめのメニューです。さらに、ご飯は白米、玄米のほか、50¢の追加で雑穀米、しそわかめご飯が選べるのも嬉しい。

ウェスタン風の店内で食べてもいいし、近くのカピオラニパークのベンチで貿易風に吹かれながら食べるのもピクニック気分で楽しいですよ。ワイキキから徒歩約10分。

パイオニアサルーン Pioneer Saloon

  • アクセス: 3046 Monsarrat Ave, Honolulu, HI
  • TEL: (808)732-4001
  • 営業時間: 営業時間11:00~20:00
  • 定休日: 月曜休

ハワイの典型的なプレートランチ

カカアコキッチンのマヒマヒのソテー。トマトの酸味とジンジャーバターソースが爽やかな味わい。

ワイキキ以外では、ワードセンターのカカアコキッチン

ここはカイムキのレストラン3660 on the Riseのオーナーシェフ、ラッセル・シウ氏のプレートランチ店。ユーロアイランドスタイルという独自の創作料理を手軽なプレートランチにしている点が、ちょっと上級グルメ的。ビーフシチュー、ロコモコといったロコの王道メニューもありますが、やはりここではシウ氏の創作料理を楽しみたい。

おすすめは、ロミロミトマトと爽やかなジンジャーバターソースをかけた白身魚マヒマヒのソテー($13.29)。白米または玄米、グリーンサラダかマカロニサラダがそれぞれ選べますが、サラダのドレッシングもホームメイドなので、ここではサラダをチョイスして。ワイキキからはザ・バスで約20分、ワードセンター下車。

カカアコキッチン Kaka`ako Kitchen

  • アクセス: 1200 Ala Moana Blvd, Ward Centre内
  • TEL: (808)596-7488
  • 営業時間: 月~木曜8:00~21:00、金・土曜 8:00~22:00、日曜8:00~17:00
  • 定休日: 年中無休

このページもあわせて読もう!

ハワイでシンプル&エコな結婚式

45,000円で叶うハワイウェディング

地球の歩き方「旅スケ」からピックアップ

ワイキキ(ハワイ)の口コミセレクション


$10以下が目安!ポップでキュートなバラマキ用のハワイ土産

おむすびの具に大人気のスパムがプリントされたお茶目な絆創膏。
(ABCストア)
手のひらサイズの携帯用抗菌ジェルは5個$5。ジュエル付ケース$3とともにまとめ買い!
(Bath & Body Works)
オアフ島で採れたハチミツの小ビンセ ット。
(アイランドヴィンテージコーヒー)
抗酸化作用のアサイとザクロのゼリー をダークチョコでカバー。
(ウォルマート)

※こちらのページに掲載している情報は2012年6月現在の情報です。