地球の歩き方トラベル 海外ツアーTOP  >  注目の世界遺産 > トルコ
トルコ

大地が造り上げた大自然の神秘の世界遺産 トルコ

夕日を受けてピンクに染まる石灰棚

「綿の城」と「聖なる都市」の遺跡は世界遺産

パムッカレ

パムッカレはイズミルから南東へ250km、トルコ語で「綿の城」という意味をもつトルコ有数の温泉保養地だ。珍しい石灰棚は世界遺産に登録されている。この奇観をひとめ見ようと、夏のシーズン中は多くの旅行者でにぎわう。石灰棚のところどころに温泉水がたまった池があり、昼なら青い空を映した青い池と白い石灰棚のコントラストを、夕方ならピンク色から紫に変わる美しい石灰棚を楽しめる。景観保護の観点から石灰棚への自由な立ち入りもは禁止されている。遊歩道を歩いたり、許可された一部の石灰棚に入って、足湯のように暖かな温泉を楽しもう。石灰棚を望む丘の上にはペルガモン王国やローマ時代の遺跡が広がっている。温泉が出るだけあって浴場跡なども立派なもの。この遺跡も世界遺産に登録されている。
歩き方

歩き方

世界遺産の石灰棚とヒエラポリスに行くには、デニズリDenizliの町が中継地となる。
石灰棚に最も近く、ペンションが多いパムッカレPamukkaleの村、リゾートホテルが多い温泉地カラハユットKarahayitも
ホテルが多く、基点となる町。

歩き方

気球に乗って奇岩を上から見学

アナトリアの大地が造り上げた大自然の神秘

カッパドキア

カッパドキアはアナトリア高原の中央部に広がる大奇岩地帯。
キノコ状の岩に代表される奇岩の不思議な景観、奇岩をくりぬいて造られた洞窟教会の中に残された膨大なキリスト教壁画、地下何十mにも掘り下げられた地下都市とさまざまな顔をもつ。
トルコ観光の最大の見どころだ。

バスの窓から目に入る景色は、これまで訪れたどの地域の景色とも異なるだろう。

気球に乗って奇岩を上から見学

カーテンのひだのようになだらかな岩肌が幾重にも連なる岩のグラデーショ ン。
ニョッキリと突き上げるキノコのような岩これらがすべて自然の力でできたのだから、やはりすごい。

こうした地層は数億年前に起きたエルジエス山の噴火によって造られたもの。
火山灰と溶岩が数百mずつ積み重なった末、凝灰岩や溶岩層になった。
その後も岩部は風雨に打たれて浸食が進み、今では固い部分だけが残されて不思議な形の岩となった。

カッパドキア地方はヒッタイト時代から交易ルートの要の地として栄え、4世紀前後からはキリスト教の修道士が凝灰岩に洞窟を掘って住み始めた。
彼らは外敵から身を守りつつ、信仰を守り続け、洞窟内の天井や壁に見事なフレスコ画を残したのである。
標高1000mを超す高原のさらに奥深い岩山での、ひたむきな信仰生活をかいま見ることができる貴重な地域といえる。

歩き方

歩き方

カッパドキアは、ネヴシェヒルとユルギュップを結ぶ道路を境に北と南に分けられる。
北側にはキノコ岩の奇岩をはじめ、 フレスコ画のたくさん残るギョレメ屋外博物館、ウチヒサル、ピジョン・バレー、陶芸のアヴァノスなどの見どころが集中している。
南側のエリアは何といっても地下都市とウフララ渓谷だ。南東部にはフレスコ画の残る教会跡なども点在し、キノコ岩群とは違うのんびりしたいなかの風景が楽しめる。カッパドキアの見どころは離れており、現地のツアーで回っても観光に丸1日は必要なので、最低でも前日泊か当日泊となる。それでも1日だけでは北側プラス地下都市しか回れない。
ぜひ2日は欲しいところだ。

歩き方

夕日を受けてピンクに染まる石灰棚

山頂に石像が鎮座する「世界8番目」の不思議

ネムルトダーゥ

アンカラの東600kmにあるネムルトダーゥ(ネムルト山)には、標高2150mの山頂に世界遺産に登録された巨大な神像がある。
これは紀元前1世紀に、この地方を支配したコンマゲネ王国のアンティオコス1世の墳墓。岩のかけらが積もって円錐状の丘となっている山頂自体が陵墓だ。
その東と西にそれぞれ5体の神像とワシとライオンの像が並んでいる。地震のため首が神像から転げ落ち、神々の首はまるで地面から生えたかのように前を見据えている。
これは世界7不思議に続く世界8番目の不思議ともトルコでは呼ばれる。アンティオコス自身の像はゼウスやアポロン、ヘラクレスなどの神々と並んでおり、強大な権力をもっていたことがうかがえる。

歩き方

歩き方

ネムルトダーゥの山頂へはアドゥヤマンやキャフタなどの町からツアーで行く。
マラテヤやシャンルウルファ発のツアーもある。
冬は積雪があり登れない。
歩き方

STWエス・ティー・ワールド × travel地球の歩き方トラベル

トルコの世界遺産を巡るおすすめツアー!

ツアーイメージ
【成田発】エティハド航空利用! ブルーモスクから徒歩圏内のアヴィセンナホテル指定イスタンブール5日間【朝食付】
成田夕方便利用のゴージャスな航空会社『エティハド航空』で快適な旅を♪
  • 7.18万円~ 19.08万円
  • 出発地 成田
  • 訪問都市 イスタンブール
ツアーイメージ
【成田発着】エミレーツ航空でトルコへGO♪ ブルーモスクから徒歩圏内のアヴィセンナホテル指定 イスタンブール5日間【朝食付】
世界的に権威ある多くの賞を受賞!この機会にエミレーツ航空でイスタンブールへ♪
  • 7.27万円~ 12.73万円
  • 出発地 成田
  • 訪問都市 イスタンブール
ツアーイメージ
<成田夜発>カタール航空利用! ブルーモスクから徒歩圏内のアヴィセンナホテル指定 イスタンブール5日間【朝食付】
成田夜発カタール航空で行くイスタンブール♪安心のホテル指定プラン
  • 7.42万円~ 16.44万円
  • 出発地 成田
  • 訪問都市 イスタンブール

トルコの世界遺産を巡るツアーを探す!

トルコトルコ旅行の基本情報

日本からのフライト時間

日本からイスタンブールまでは約13時間。現在トルコ航空の直行便と全日空(トルコ航空とのコードシェア便)が運航している。成田空港からイスタンブールへは週4便(2010年3月28日から週6便)。関西空港からの便は週2便(2010年3月28日から週4便)。ほかにもアムステルダムやフランクフルトなど、ヨーロッパ経由の便が多数ある。

気候

国土が広いため、地方によって気候や降水量の差が激しい。一般的に夏は雨が少なく、乾燥しており、海岸部では蒸し暑い。冬期は曇りが多く、よく雨が降る。東部の高原地帯では積雪もある。

時差とサマータイム

日本との時差は7時間で、日本時間から7を引けばよい。つまり、日本の8:00がトルコでは深夜の1:00となる。サマータイム実施中の時差は6時間。サマータイム実施期間は、通常は3月の最終日曜深夜1:00から10月の最終日曜の深夜1:00。

→トルコの基本情報をもっとみる

【旅行記・口コミ】トルコの旅スケジュール



おすすめ旅行特集

特集・キャンペーン一覧



COyY

海外航空券バナー

テーマで選ぶ

人気のテーマ

絶景の南米特集

プチ冒険応援♪女子一人旅

注目の世界遺産

絶対外さない!ハネムーン

世界の海へ!ダイビング

自由気ままに!海外一人旅

子連れの海外旅行

格安!海外ウェディング


旅を楽しむ


海外旅行の準備

国内宿比較 空港付近のホテル!
成田羽田関空中部

海外旅行のクチコミ